外観のデザイン

ハウスメーカーによる違い

気に入った外観デザインの注文住宅を建てようと思うなら、各ハウスメーカーの特徴を知ることが第一歩です。街中を歩いていて、この住宅は○○メーカーの物だとわかる場合もある位、それぞれ特徴があると言えます。まず外観のデザインが個性的です。例えば、二階建ての住宅であれば一階と二階の境目で素材を変えて、二階部分を吹き付け、一階部分をタイルと言う風に分けているデザインや、全てを重厚なタイルで仕上げたり、サイディング仕上げにするなどの方法がありますが、各ハウスメーカーの特徴を感じることが出来ます。もちろん、建築費用によって用いる建材が制限されることもありますから、一概に全てが該当するとは限りませんが、デザイン自体には特徴が見られます。

好みの外観デザインを実現するには

まず、住宅展示場などを訪れ、実際にハウスメーカーの家を見ることは、とても参考になります。気に入った住宅がいくつか見つかったなら、ハウスメーカーを絞り込み、その後担当者とよく話し合うことが大切です。建売住宅と異なり、注文住宅は自分たちの夢や思いを反映することが可能ですから、十分なコミュニケーションを取りつつ設計を進めて行きましょう。また、デザインのみを重視して、必要な部分(例えば窓の上のひさしなど)を排除するならば、水漏れなどの不具合が生じることもありますから、専門家であるハウスメーカーとよく協議することも必要です。そうするならば、好みの外観デザインを実現しつつ、設計上の問題も処理出来るはずです。

建売住宅は契約が成立したらすぐ入居する事が出来るのが大きなメリットです。また、注文住宅を買う場合と違って、デザイン関連の専門知識を覚えなくて済みます。

© Copyright Ideal Ordered House. All Rights Reserved.